2010年09月12日

また、よさげなペダル見つけた



危なく、購入するところでした。

いいなぁ〜と思うんですが・・・
おし〜ぃ!あと座布団一枚 って感じでしょうか
この手のペダルはげっぷが出るほど持っているんで
よほどのインパクトがないと・・・
$199 買えないです。アンプ購入資金をためないと(笑)
posted by Jeff at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

アンプ

二つほどよさげなアンプを見つけた。
Egnater Rebel 30 
Carvin Legacy VL212 こちらは、Vaiのシグネチャーモデル
どちらかと言うとVL212の方が好み だが、出力が大き過ぎる100/50Wの切り替えが出来るようだが、それでも大きすぎるかも。

どっちも約$900 予算を$300もオーバーしている。

おまけに、重さも半端でない。
日本への送料を考えるととても手が出せる物ではない。

どちらもスタックの仕様もアル
ヘッドのみだとハンドキャリーで持ち帰れそうだが・・・
価格もそれぞれ$100ほど安くなる。

仮にハンドキャリーで持ち帰れたとして、送料と$100を足すと
ちょうどキャビネト購入資金が浮くことになる。

悩ましい限りである
予算を搾り出すには、禁煙しかない。
さて、どうしたものか
悩んでいるうちに為替が円安に振れていく
逆に、円高が進むと雇用の維持が心配で、遊びごとにお金をつぎ込む余裕がなくなってくる。
為替 これはこれで悩ましいのである。

アンプ以外にも今回欲しているものがある。
フレット関係の工具1式
フロイドのアーム 3式
大した金額でないが、生活が掛かっているので大きなウエイトを占めてくる。

悩ましい日々が当分続きそう。


前回の候補とあわせると計5(6)機種
全然絞り込めてない、増えとるがな。

VL212 こいつから当分目が話せそうもありません。
虜です。
posted by Jeff at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Amp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

コメントにお返事です。

生徒会長さん
はじめまして

EVHホッシーノさん
こんにちわ

「Bugera」 「Jet City」 どちらも魅力的ですね。
どちらもコストパフォーマンスの高いモデルだと思います。
JetCityは、少し思っている音と違うかな
Bugera 6260 212 これはちょっと個体が大きすぎる気がします。
実際、試奏したこと無いのでなんとも評価が難しいのですが、
同じ価格帯で下のアンプが買えるので・・・

「Peavey 6505+ 112」
これ、楽器屋で試奏したんですが、やばいです。これあったら他に何もいらない。
ギター〜アンプ直で十分楽しめます。
欠点は、やはりPOSTでしょうか。コントロールが非常に難しいです。
家だと直ぐに近所から苦情が来そうです。昼間のわずかな時間しか弾けそうにありません。
POSTに使われているボリュームのカーブを変えないと小音量での調整ができない。
短時間の試奏だったので、あまり細かいことまではチェック出来ませんでしたが、
非常に購入意欲をそそられました。

「HUGHES&KETTNER EDITION BLUE 60DFX」
これのクリーンやられました、ノックアウトです。
歪みは、どことなくペダルで歪ましたような音ですが、クリーンは絶品です。
キラキラとした音です。Fenderのクリーンとは方向が違いますがこれはこれで有りかと。
こっち(USA)で探してみたんですが、売っているところが見つかりません。
もう廃盤なんでしょうか。

MARSHALL Haze 40C
安心できます、マーシャルの音です。
現代的な音ではないですが、マーシャルしています。
FXが余計ですが、アンプ内臓であればボードのペダル減らせます。
これは大いに助かります。

三者三様でどれも欲しいのですが、どれかに絞らねばなりません。
もちろん Fenderアンプも候補に残ってます。
ブルージィにシングルピックアップを鳴らすのであればFenderですよね。
目指すところとは違うのですが、外せないと言うか何時かは欲しいです。
この際だから行ってしまおうかとも考えています。

と言ってもまだ、アンプ購入に迷いがあります。
購入確立は50%/50%と言ったところでしょうか。
アンプ自体の価格が日本とあまり変わらない($1500を超えるアンプだとはるかに安いですが)
輸送費 単品で送ると4諭吉over
復帰話の雲行きが怪しくなっている。=>バンド再開の目処が立たない。=>アンプの必要性が低くなる

アンプ選びも購入の可否もなかなか結論が出そうにありません。




アンプ

買うことを前提に、アンプの選定をすると
何買えばよいんだか まったく判らない。

条件としては、コンボタイプで出力が50Wくらい(チューブなら30Wでも可)
重量は20kg前後、クリーチャンネルがあること、センド/リターンを装備していること
SP径は、30Cmmは、欲しい。
価格は、$600以下

クリーン・クランチは、Fender系が好み
歪は、マーシャルか5150系が好み
AC30の音も好きだったりする。

Peavey 6505 Plus 112
Marshall Haze MHZ40C 40W 
これらがこの条件をある程度満たす。
もう少し価格を引き上げれば
Fender Hot Rod Deluxe3 が視野に入ってくる。

Usedまで手を伸ばすともっと選択肢が増えるが、状態によってはO/H等余計な出費が予想されるので、今の所却下。

さてさて、何にするか悩ましいところである。
一段と進む円高 相場によってはもう少し予算を増やすことも可能かもしれない。
日本の販売価格とこちらの販売価格+輸送費 どっちで買うのが特か?これも要検討である。

今すぐ買わなければならない事もないので、もう少し考えてみよう。
流石に、エフェクターを買うようなわけには行かない。
駄目ならモデファイすれば良いとは、ならないし、(と言っても最近のエフェクターは、チップ部品やら何やらで、簡単にはモデファイできないものが多いのだけど)幾つも買えるわけでもなく、慎重に事を進めなければ・・・








posted by Jeff at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Amp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

非常にやばい

状況になっています。日本復帰がなくなるかもしれません。

後任の話も出てきてはいるのですが、候補が居ません。
やる気だけでは・・・
ある程度の実力がないと来る意味がありません。

先日の帰国時には、復帰後の居場所作りに励んでいたのですが
無意味な努力をしていたのかもしれません。(涙)



posted by Jeff at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント

 ⇒ Jeff (07/23)
 ⇒ EVHホッシーノ (07/23)
まだまだ続けます。
 ⇒ Jeff (02/09)
 ⇒ EVHホッシーノ (02/08)
新春 ぽっちとな〜 第二弾
 ⇒ Jeff (01/15)
 ⇒ EVHホッシーノ (01/15)
A HAPPY NEW YEAR!
 ⇒ MACKEE (01/02)
 ⇒ Jeff (01/02)
 ⇒ EVHホッシーノ (01/01)
One Control
 ⇒ Jeff (12/23)
 ⇒ 主審 (12/20)
18V昇圧について
 ⇒ MACKEE (12/22)
急な話が舞い込んできた
 ⇒ Jeff (12/13)
 ⇒ EVHホッシーノ (12/13)
BigShot MIX その後
 ⇒ 主審 (11/26)
AXIS TG メンテ入院
 ⇒ Jeff (11/22)
 ⇒ EVHホッシーノ (11/21)
BigShot MIX 到着
 ⇒ Jeff (11/19)
 ⇒ 主審 (11/19)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。