2010年10月29日

色々と

Krank Dist ですが、興奮冷めた今となって色々と気になる点が出てきました。

無音状態 エフェクトON で、なにやらノイズが出てます。
周期的に出ているので、発振 電源の漏れ の類で無いかと
今ひとつ、抜けが良くない
これらはコンデンサーと抵抗の見直しで対応 できるのではないかと。
具体的に、音の経路上にある抵抗を金属皮膜に
コンデンサーは、入り口にある0.0047μFとその後に続く0.22μFを変更
電解コンデンサーは、すべてタンタルコンデンサーに変更
容量がないものは、オーディオグレードのものへ変更
オペアンプをLM386からNJM386へ変更 これは、結果が見えないのであくまでも実験

回路を見ていて、気になった点はオペアンプ出力ピンの後に直流成分除去用の電解コンデンサーがない。
意図的に入れていないのか?回路的に必要ないのか?ただ単に設計者が気づかなかっただけなのか?このあたりが不明。多少回路の知識はあるが、もう二十数年前の知識のため思い出せないこともしばしば よって理論的に考えることはやめにして、実験をしてみる予定。
容量は無難なところで、1μF〜10μFの間で試してみる。(計算式があったような)

今すぐにでもやりたいのだが、こっちで部品集めは意外に苦労する。
コンデンサーも容量だけで選定すれば集めやすいのだが、種類、メーカーなど指定するとなかなか手に入れるのが困難になってくる。価格的にも割高感がある。

シミュレーターを使うって手もあるが・・・なかなか使いこなすのが大変

帰国してからのお楽しみということかな。

後、新兵器到着
新兵器なんて大げさな物じゃぁないのだが、コーラスを買った。
MXR ZW-38 Black Label Chorus ザック・ワイルドのシグネチャーモデル
別にザックが好きと言うわけではない。(ザックのPalyを聞いたことがない。もちろん耳にしたことはあるだろうが、ザックのPlayとして認識したものはない。)
ピッチシフターやディレイで、音に厚みをつけることをやっているが、どうも自分の好みはコーラスで厚みをつけることのようで、ピッチシフターやディレイで感じていた違和感がコーラス使うことで払拭できた。
DEEP BLUEをついこのあいだ買ったばかりなのだが、音の厚み付け専用機が欲しくなり購入。
事前に、YouTubeなどで、音を聞き比べて、価格を考慮してZW-38となった。
あくまでも音と価格のバランスで、これに決まった。まぁ、2台もDEEP BLUEを並べるのは如何なものかという意識も働いた。
さて、感想だがうまく狙いにはまった と思う。
もう少し広がり感があれば文句なしなのだが、価格を考えると妥当なところ。
逆に、DEEP BLUEを厚み付けにZW-38を広がりに利用するのも良いかもしれない。
このあたりは、帰国後、色々と試して見たい。

ゲルマ4 BIG MUFF
これがどうも当初考えていた目的に適していない。ゲルマの音がしない!歪は、ゲルマっぽいが音はそうでもない。ちょっと肩透かしを食らった感じ。サンプル音源は、かなり好きな音だったんだが残念。
まったく違う方向で、活用できる感じはつかんだが、出番はないと思われる。
やはり、オペアンプが載っていることが最大の原因だと思う。
シングルPUとの相性を確認して、現状とイメージが違わないようだったら売却予定

RED BOX
相変わらず使いこなせていない。どこに入れるか?どう設定するか?まだまだ謎だらけだ。
やはり、定番のギターに一番近いところが無難なような気もするが・・・
バッファは、後か?前か?ブースターは?色々と悩ましい。
これの最大の問題点は、音が変わることにあるように思える。私的には好きな方向に音が変わっているので問題ないが、音痩せを気にする人には無理だろうと思うほど音が変化している。
よく言えば特徴ある音に変化する。
こんな使い方するのもどうかと思うが、歪の直後に入れたときに、まるで別物のペダルを使っているのかと思えるほど音が変わった。一瞬壊れたかと思った(笑)


音痩せをキーワードにたどり着かれる皆さんへ
音が変わるのを音痩せと一括りにするか?特徴と捕らえるかは人それぞれ
人の意見に流されず、ご自分の音を作ってください。

とは言え、音痩せが酷いものがあることも事実
そんなペダルを買ってしまったら、諦めてください(笑)
私は、そんなペダル魅力がない限り諦めます。魅力がある音がするならそれをそのまま受け入れます。



あきらめ切れない方は
posted by Jeff at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

三種の神器

って 今はどれのこと指すんだろう?

long long ago な時代は、 コンプ ディストかオーバードライブ コーラス 確かこの組み合わせだったような

最初に買ったのは、なぜかコーラスの代わりにフランジャー +グライコ

フランジャーは設定によってコーラスっぽく出来る と言うことで買ったような気がする

グライコは、今では笑い話にしかならないけど 当時は、ストラトでレスポールの音が出る また逆も出来る魔法の箱などと ヤングギターあたりで紹介されていた 真に受けたわけではないが乗せられて買ってしまったように思う。
今だと、笑い話にかならないようなことが、まかり通ってた時代だったんだ。

歪みペダル以外は、あまり変化が無いように思える。
コーラスはコーラス コンプはコンプ これ以上でもこれ以下でもない。

わけが分からなくなっているのが DISTとOD これの境が良く分からない物が多数販売されている。
昔は、DISTとODといったらまったく別物で、ODは今で言うクランチ+αぐらいしか歪まなかった。
ところが最近の物は、ODと名乗りながらDIST以上に歪む物が・・・
どこで、DISTとODの振り分けをしているのか?基準を知りたいものだ。

話が脱線したけど、最近の三種の神器は何なんだろう?
調べた範囲だと 歪み コーラス ディレイ って言うのが多いようだが・・・








posted by Jeff at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

モンスターパッチケーブル

モンスターのパッチケーブルを使っての感想

音がどうのこうのと批評する前に、これケーブルが硬すぎて使えません。
両端 Lプラグと言う事も関係していると思いますが、
かなりのストレスをケーブルに与えてしまいます。
稼動部でないとはいえ、ちょっと耐久性に不安ありです。
あまりストレスを与えないように、エフェクターの間隔を広めにすれば問題ないのでしょうが、そうでなくとも巨大化しそうなボードが、これ以上巨大化しては困ります。
残念ながら、今回の採用は、見送りです。
DSC00003.JPG


はぁ、また押入れの肥やしを作ってしまった。
何とか利用する方法を考えないと と思う今日この頃です。
続きを読む
posted by Jeff at 03:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

そう言えば

ちょっと変り種と言うか珍しいペダルを持っていることを思い出したので紹介

PMP E-868.jpg

PMP E-868 PEX Phase Exciter
ハーモニック・トーン(倍音)にフェイズ(位相)変換機を使い原音と少々違う倍音を作り出し、原音にプラスして、音を浮き出させる効果を出す物です。
(カタログの説明から引用)
って物らしいです。
これ、結構原音がしょぼくなってしまいます。ノイズも結構あったと思います。
音抜けの改善目的で多用していた時期があったんですが、今は押入れのどこかで眠っています。

若かりし頃 フュージョンに嵌っていた次期が僅かながらありまして、そのときの名残で、音抜け悪い それならエキサイター っていたって短絡な考えで購入した物です。
まだ自分の求める音が分かっていなかった時代の遺物ですね。
と言っても、未だ求める音が定まっていなく、良く言えば時代と共に変化しているので、試行錯誤が続いているのですが・・・

最近、エキサイター使ってる人っているのかな(レコーディングは別として)
もう時代が、エキサイター必要としていない気がするな。
最近は、最初から音抜けを意識した音作りが主流のような気が・・・する。


posted by Jeff at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大音量で鳴らしてみました。

個人的な感想

Germanium 4 Big Muff
POD     ファズぽさ残る歪み
Laney GC50  なかなかいい感じ チューブっぽい  ゲルマの音だと思う
少し、線が細く感じる 低音が出ていないわけではないのだが、ハムがシングルのように聞こえる。
ODとDISTと二つあるが、ODは殆ど歪まない クランチまで。DISTはやっぱりファズのような感じ
DISTで、少し歪まして、ODは、GAIN MAXで少し荒い感じの歪みが作れる
雰囲気としては、マーシャルに近い感じの歪みを荒くした感じ

KRANK DIST
POD     激歪み
Laney GC50  激歪みなんだが、もう少し切れがあれば。
よく歪むが、耳に痛いところは無い。低音がかなり出てくるのでAMPのSPは大きいほうが良さそう。本当にあと少し切れが加わると良いのだが、贅沢な悩みか

Whirlwind RED BOX
POD      音が丸くなるような気がする。
Laney GC50   PODのときと正反対で、キラキラした音になる。
まだまだ、良く分からない。特にOUTPUTの設定がつかめない。
コンプを聞き分ける耳がないので、本当に良く分からない。
しばらく使ってみようと思う。

Whirlwind RED BOX KRANK DIST Germanium 4 Big Muff
この接続で試してみた。この接続順はPODでよい結果がでたパターン。
Germanium 4(OD or DIST or OD+DIST)をONすると少し線が細く感じる。マーシャルっぽい。 MIDが削られる感じがする。
RED BOX OUTPUTを視聴上、effectON OFF同じにするとハウリングの嵐
で、OUTPUT下げると少し腰が無い音になる。
KRANK 単体だとボリューム操作でクリーンまで出せるが、前にRED BOXが入るとクリーンはキツイ。また、当たり前だが、ガツンとしたところがなくなった。RED BOXのSENSITIVITYの調整を煮詰める必要がある。

全体的に悪くないが、+αがない。感動がない。
もう少し各ペダルの設定を突き詰める必要がある。特にRED BOXは、まだまだ良く分からないところが多く美味しいところを見つけるのに苦労しそうだ。

posted by Jeff at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント

 ⇒ Jeff (07/23)
 ⇒ EVHホッシーノ (07/23)
まだまだ続けます。
 ⇒ Jeff (02/09)
 ⇒ EVHホッシーノ (02/08)
新春 ぽっちとな〜 第二弾
 ⇒ Jeff (01/15)
 ⇒ EVHホッシーノ (01/15)
A HAPPY NEW YEAR!
 ⇒ MACKEE (01/02)
 ⇒ Jeff (01/02)
 ⇒ EVHホッシーノ (01/01)
One Control
 ⇒ Jeff (12/23)
 ⇒ 主審 (12/20)
18V昇圧について
 ⇒ MACKEE (12/22)
急な話が舞い込んできた
 ⇒ Jeff (12/13)
 ⇒ EVHホッシーノ (12/13)
BigShot MIX その後
 ⇒ 主審 (11/26)
AXIS TG メンテ入院
 ⇒ Jeff (11/22)
 ⇒ EVHホッシーノ (11/21)
BigShot MIX 到着
 ⇒ Jeff (11/19)
 ⇒ 主審 (11/19)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。