2011年02月07日

まだまだ続けます。

前回、18V9V駆動は歪みペダルとの相性が良いと書いたが、18V駆動と9V駆動何が違うのか?
書いてみたいと思う。

まずは、9V駆動の場合、ずっしりとした音になる。一回り太くなったような感じ。
18V駆動にすると、boost前に比べると音が太くなっているのだが、9V駆動に比べすっきりした印象。良くも悪くもヘッドルームが広がった音。
9V駆動が強烈に個性を強調してくるのに対して18V駆動は個性が消える。

インターネット上のMaestro Echoplexのバッファ回路をみると18V駆動になっているものが多い。真贋の程はともかくとして18V駆動のほうがよりMaestro Echoplexのバッファの音に近いのではと考える。

ただ、何回も書くが9V駆動の個性が強烈すぎて18V駆動にはいけない。

後、内部DIP SWの設定でどう変わってくるか?未だこの部分は触れていないので、今後検証を進めていかねば。


posted by Jeff at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント

 ⇒ Jeff (07/23)
 ⇒ EVHホッシーノ (07/23)
まだまだ続けます。
 ⇒ Jeff (02/09)
 ⇒ EVHホッシーノ (02/08)
新春 ぽっちとな〜 第二弾
 ⇒ Jeff (01/15)
 ⇒ EVHホッシーノ (01/15)
A HAPPY NEW YEAR!
 ⇒ MACKEE (01/02)
 ⇒ Jeff (01/02)
 ⇒ EVHホッシーノ (01/01)
One Control
 ⇒ Jeff (12/23)
 ⇒ 主審 (12/20)
18V昇圧について
 ⇒ MACKEE (12/22)
急な話が舞い込んできた
 ⇒ Jeff (12/13)
 ⇒ EVHホッシーノ (12/13)
BigShot MIX その後
 ⇒ 主審 (11/26)
AXIS TG メンテ入院
 ⇒ Jeff (11/22)
 ⇒ EVHホッシーノ (11/21)
BigShot MIX 到着
 ⇒ Jeff (11/19)
 ⇒ 主審 (11/19)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。